傾向を知る

結婚写真は、さまざまなニーズがあります。披露宴や結婚式をウエディングドレスで行う人が和装を残したかったり当日はバタバタするために前もって結婚写真を行う前撮りや、写真だけの結婚式を挙げる人もいます。 披露宴には平均何百万円もかかりますので費用が出せないが記念に写真は残したい人、アニバーサリー婚として結婚写真を撮る人もいます。 価格については安いところで5000円ほどから高いところで30万円を超えるものもあり、最近の傾向として多角化しています。平均では15万円くらいかける人が多いです。さまざまな写真スタジオやウエディング会社がありますので、口コミサイトで比較してから、予算ややりたいことに応じたところを選ぶことが必要です。

明治時代以降日本に写真が入ってきましたが、その後結婚写真も記念に撮られるようになりました。しかしながら戦後、西洋式ウエディングが主流になってくると披露宴も豪華になり結婚写真市場もさかんになってきました。バブル経済の崩壊以降、企業の広告宣伝費が削減されており、企業のカメラマンの方がウエディングカメラマンとして働くことになり飛躍的に結婚写真のレベルが上がりました。現在では、結婚写真の口コミサイトなどもあり、盛んに行われています。口コミサイトは地域別や用途別に整備されています。現在では、口コミサイトに情報を入力すると割引になるプランもあります。 将来的には、おめでた婚の増加やアニバーサリー婚の増加により、ニーズが増えていきます。